私の相棒  vol.12

| コメント(0)
今回はギターのMさんの相棒です。


Mさんは入部以来パートトップこそ務めていないものの、
『サブトップ』的な立場で常に後ろからギターパートを支えてくれる頼もしい方です。

MZ1.JPG












① 製作者/モデル名  河野賢 マエストロ(1996年制作)
② 購入年  2018年
③ コメント
今から25年前に制作されたギターです。もちろん、中古を購入したものです。
河野賢は、世界でも名の知れたギター製作者で、このギターは晩年の作になります。ちなみに現在、河野ギター製作所では、桜井・河野として同じモデルが桜井氏により
制作されています。

知人が持っている古い河野ギターの音を聴き、欲しいと思っていたのですが、河野賢作のギターはなかなかありませんでした。ある日ネットで見ていると、銀座のY野楽器にこの楽器が出ており、早速見に行きその場で購入したものです。楽器自体は傷もなく本当に20年以上も経っているようには見えませんでした。
音はしっかりとしており、しかも美しい。

これまで、ギターを何台か手に入れてきましたが、おそらくこの楽器と最後まで付き合うことになりそうです。
なお、この楽器は専らソロ用でして、普段の合奏練習では使っていません。
マンドリン族に負けないようにとにかく音を出さなければという弾き方では、楽器が傷みそうで・・・・。 
 でも、トッパンホールの本番にはこの楽器で出演しますのでよろしくお願いします。



そうか、ずっと同じギターかと思いきや、替えてきていたのですね。ソロ用と合奏用を使い分けているとは存じ上げませんでした。
不定期開催ですが、部内発表会ではステージ名『世界のMZ』で腕前を披露するMさん。次回もこの相棒で美しい音色を聴かせてね。
(飲み会が出来ない状況だけど、また"熱燗"を飲み交わせる日を楽しみにしています!)

コメントする

このブログ記事について

このページは、谷口勉が2021年7月 4日 09:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「6月27日練習 東北コミセン」です。

次のブログ記事は「7月11日練習 東北コミセン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて