2011年10月アーカイブ

10月30日練習

| コメント(0)
東北コミセン

土日練習の2日目です。
・・・と言いつつ私は所用があってお休みさせてもらいました。

今日はベースの賛助にお越し頂き全曲通し練習を行いました。
先日のマンドローネと言い、低音に厚みが増して曲がグッと
引き立ったとの部員の感想です。
練習に出られなくて残念。

今日の写真は部員の携帯カメラなので小さめです。

111030-1.jpg

111030-2.jpg


10月29日練習

| コメント(0)
仲町市民センター

定期演奏会まで1か月と迫り、今日から土曜日の練習が
始まりました。本番まで土日の練習が続きます。
正直キツイけど本番で満足感の感動を味わうためには練習
あるのみです。

<今日の練習>
サウンドオブミュージックメドレー
星空のコンチェルト
New York
彷徨える霊
月ありき

CIMG2101.JPG

CIMG2102.JPG


10月23日練習

| コメント(0)
東北コミセン


今日も気温の高い一日でした。ここ最近の日曜日は
暑い日が続いてますね。

<今日の練習>
星の道標
星の庭
New York
月ありき
彷徨える霊


各パートとも課題がありましたね。
マンドリン~星の道標
マンドラ~New York
チェロ~New York
ギター~星の庭

今日の『くじけた箇所』はおさらいして次回に繋げましょう!!

CIMG2099.JPG

CIMG2100.JPG

10月15日練習

| コメント(0)
仲町市民センター

10月も半ばなのに気温は夏日。長袖では暑い一日で、ホールも
冷房を入れました。

合宿を終え、いよいよ『本番』の二文字も近くに見えてきました。
部員もそんな意識になってきたのでしょうか。今日の練習参加率は
今年最高で(笑)、ほぼフルメンバーが集まりました。
さあ、今まで休んでいた部員もこれからが勝負です!

また今日はマンドローネが賛助で加わりました。
マンドローネは当クラブではあまり馴染みのない低音楽器ですが、
その音色の渋さに聴き惚れてしまいました。
今日はマンドチェロ・マンドローネ・コントラバスが揃い、音にも厚み
が加わり、低音部は素晴らしいものとなりました(自画自賛?)

<今日の練習曲>
・サウンドオブミュージック
・星空のコンチェルト
・星の庭
・彷徨える霊


CIMG2097.JPG

CIMG2098.JPG

夜の合奏は21:30で終了。その後は自由時間で個人練習に励む
奇特な人や熱い湯船の中で指先をヒリヒリさせている人等々・・・。

そして合宿の夜と言えばやっぱり宴会。
宴会は・・・・・
・酔っても家に帰らなくても良い。
・いつもの練習後では飲みに行くことの出来ない人もいるので、親睦を
深めることが出来る。
・新入部員との親睦を深める。
・新入部員にとってNMCがどんなサークルなのか詳しくわかる。
・真面目なあの人が酔っぱらい、ホンネが垣間見える(笑)
・・・・などが挙げられます。
一日の練習はこの時間に飲むビールの為にあると言っても過言では
ありません(笑)

それではお見せ出来る範囲の写真を・・・・・・・

一日分のアルコール量。これが全て消費される。
CIMG2056.JPG

筑波在住のKさんより『奉納 清酒大吟醸 一本也』
CIMG2061.JPG

女性陣の浴衣姿!と喜ぶも下は洋服、しかもGパンを履いている事実を知り興ざめする部長・・・。
CIMG2087.JPG

このあと『伝説』の部長の一言ダジャレが飛び出す。大爆笑だったのに次の日に何を言ったか
何故か誰も思い出せない・・・。酔っぱらいの記憶って・・・(泣)。
CIMG2091.JPG

ギター新人のSさん。こんな顔するつい30分前は一生懸命個人練習に励んでいたのに・・。
Sさん語録:「東京の女性ってキレイな人ばっかですよね・・・・。」 何があった?
CIMG2088.JPG

ギターパートはこのあと4時まで呑み会が続いたそうだ。
CIMG2090.JPG



こうして鎌北湖の夜は更けていったのでした。

しかし、これだけ飲んで騒いで睡眠時間削っているのに、翌朝ちゃんと遅れずに朝食に集まる
のだから社会人ってエライよね。


日程:10/8(土)~10(月:体育の日)
場所:鎌北湖レイクビューホテル(埼玉県入間郡毛呂山町)

三連休を利用して合宿を行いました。場所は3年連続での利用となる鎌北湖です。
天候も良く、10月とは言え日中は汗ばむ陽気でした。(山の中なので朝晩はやっ
ぱり冷え込みましたが・・・)

昨年も同じ事を書きましたが、日頃にまとまった練習時間がとれない社会人にとっ
て合宿は貴重な時間です。三日間で延べ20時間の合奏を行いました。
いや~、それにしても3日も引き続けると体のあちこちが痛い!!!
楽器を弾いているだけなのに何故全身が筋肉痛になるのか不思議です。
指先もジンジンとしています。これだけ練習したんだから相当成果があったはず。
(評価は各個人にお任せです(笑))

CIMG2066.JPG


CIMG2067.JPG

CIMG2068.JPG

CIMG2069.JPG


<休憩時間小景>
CIMG2079.JPG

CIMG2072.JPG

CIMG2058.JPG

休憩時間は宿泊費用の支払タイムでもあります・・・・
CIMG2071.JPG


練習会場は宴会場を借りているのですが、2日目の夜はホテル側より『20~22時まで
カラオケルームとして使いたいのでどうしても移動してもらいたい』という要請があり、
急遽この時間だけ食堂に移動というハプニングも。
CIMG2086.JPG


楽しい宴会編に続く・・・・

10月2日練習

| コメント(0)
(この日は部長欠席のため部員からの情報を元に記事を作成しています)

東北コミセン

10月に入りやっと秋らしい肌寒さになりましたが、ホールの中は
まだ暑くて空調が必要でした。

さて、気付くと早くも本番まであと2か月。
いつの間にそんなに迫っていたの???
ギアを入れ替えて練習に励まなければなりません。

<今日の練習>
星の庭
彷徨える霊
New York(通しのみ)
メリーポピンズ

111002_1458~01.jpg


来週は合宿です。
写真は練習後に何やら合宿の相談をしている3人の様子。
「宴会のお酒を買ってきてください」
「了解。飲むぞ!」
「夜は冷えるから熱燗ないかなア・・・」
こんな会話かもしれない・・・・
111002_1657~01.jpg


会場:キラリ☆ふじみメインホール(富士見市)

前回申し上げた通り、東上線沿線で活動するギターサークルやプロの
先生方と一緒に今年も演奏会を行いました。

ギターフェスティバルも今年が24回目。結構歴史があります。
毎年楽しみにしているファンの方も大勢おり、参加団体が配るチケットの
他に当日券も毎年40枚程売れる人気ぶりです。

ギターフェスティバルなのに何故マンドリンクラブが参加なのかは謎で
すが、まあ歴史的な事情がある訳で・・・・(実は部長も詳しい経緯を知
らないんですよ・・・)

でもギターの音色・響きばかりの中にあって、マンドリンの金属音とトレ
モロ、そして高音から低音のアンサンブルは新鮮に耳に入るので、毎回
好評なのですよ!
ギター団体が最大でも10名程の人数なのに対して当方は20名程を繰り
出して演奏致しますのでダイナミックさもあって好評なのでしょう。
ちなみにコンテストではないので優劣はありません。

曲は『星空のコンチェルト』。定演のトリで演奏する曲をエントリーしました。
当然、定演を目標に定めていますので、まだ仕上がり具合は練習途上
の域ですが、現レベルでの最高の演奏をしました。
今日の出来を参考に次回以降の練習に励みます。

さてさて、各個人の弾け具合はどうだったのでしょうか?
ちなみに私は調弦が狂ってしまい難儀しました・・・・。

本番の写真が撮れなかったのでリハーサル写真をお見せします。
CIMG2037.JPG

ギターの会なのに当方は3人しか出演していないギターパート・・・・。
CIMG2032.JPG

精鋭のマンドリンパート
CIMG2033.JPG

CIMG2034.JPG

Allegroの速さはマンドラパートにプレッシャー!
CIMG2035.JPG

演奏よりも今日の打上げ会場をどうしようか思案中のチェロ。
今回フルートは初めて演奏!後方のフルートYさん、緊張中。
CIMG2036.JPG

さて今日の出来は・・・?
CIMG2039.JPG



当日の役割は受付係です。本番開始前にプログラム準備作業を皆なで行いました。
CIMG2040.JPG

CIMG2045.JPG


ソロの部では指揮者:荒木氏が演奏(写真はリハーサル中)
ブエノスアイレスの冬(ピアソラ)
CIMG2046.JPG


会のフィナーレは合同合奏。残念ながらマンドリンは参加していません。
CIMG2051.JPG

CIMG2053.JPG